<新型コロナ>千葉県で73人感染 軽症者向け宿泊施設に派遣された県職員が感染

2020年11月25日 19時30分

千葉県庁

 千葉県内では25日、新たに73人の新型コロナウイルス感染が発表された。
 無症状患者や軽症者向けの宿泊療養施設「成田ゲートウェイホテル」(成田市大山)に派遣されている県職員の30代男性が陽性と判明した。県が管理する県内3カ所の宿泊療養施設に派遣された職員で感染が判明したのは初めて。
 県によると、職員は通常は県庁本庁舎に勤務。14日から20日まで同ホテルに派遣され、県との連絡調整や入退所者の帳簿管理などを担当した。入所者と接触したり、入所者生活区域内での業務はなかったという。職員はマスクを着用し、手指の消毒を徹底していたといい、県が感染経路などを調べている。
 クラスター(感染者集団)が発生した市川市高谷の高齢者福祉施設「ホワイト市川デイサービスセンター」では新たに60代女性職員の感染が判明し、感染者は計6人になった。

関連キーワード

PR情報

千葉の新着

記事一覧