布袋寅泰さん愛機に光 来年活動40周年 ギター40本 Gメッセ群馬で展示

2020年11月26日 07時59分

会場に並ぶ布袋さん愛用のギター=高崎市のGメッセ群馬で

 日本を代表するロックギタリスト、布袋寅泰(ほていともやす)さんのギターを展示した企画展「HOTEI 40th Anniversary Guitar Exhibition 時代を奏でた40本の愛機たち」が、出身地の高崎市にある大型集客施設「Gメッセ群馬」で開かれている。布袋さんのトレードマークである白黒の幾何学模様柄「ギタリズム柄(G柄)」のギターなど40本を間近に見ることができる。12月6日まで。 (池田知之)
 布袋さんの音楽活動は来年で四十周年。会場には、一九八一年結成の伝説的なロックバンド「BOOWY(ボウイ)」時代から使ってきたG柄のエレキギターも展示。布袋さんが作詞作曲し、妻今井美樹さんが歌って大ヒットしたバラード「PRIDE」の演奏で使った六六年製のフェンダー製のストラトキャスター、不死鳥が描かれた七四年製のギブソン製のフライングVなどを集めた。
 並ぶギターは、芸術的な細工が施されたり、使い込まれて風格を漂わせたりと圧巻。オープニングセレモニーでは、ギタリストでもある山本一太知事は「しびれますね」と感嘆。布袋さんが県の依頼を受け作曲したGメッセ群馬のテーマ曲「Great Messenger」も披露された。
 布袋さんは、ビデオメッセージで「軽快で広がりのある曲。たくさん愛してもらいたい」と話した。
 入場料は事前予約制の千三百二十円。コンビニのローソンの「ローソンチケット」などの店舗やサイトで購入できる。

関連キーワード

PR情報

群馬の新着

記事一覧