<新型コロナ>埼玉県で160人感染、1人が死亡 特養などでクラスター

2020年11月26日 21時20分

埼玉県庁

 埼玉県内では26日、新型コロナウイルスの新たな感染者160人と、死亡1人が発表された。
 新たな感染者の発表の内訳は、県120人、さいたま市9人、川越市5人、川口市17人、越谷市9人。
 県によると、三芳町の80代男性と志木市の30代女性は、クラスター(感染者集団)が発生した「イムス富士見総合病院」の元入院患者と医療従事者。25日発表の新規感染者の中にも2人いることが分かり、同病院の感染者は計14人となった。また、県内の別の医療機関でも医療従事者ら計7人の感染が判明した。感染者は計10人。
 川口市は市内の80代女性が25日に死亡したと発表した。また、特別養護老人ホーム「総合ケアセンター リバー・イン」の職員1人、「春香苑」の入所者1人、デイサービスセンター「いろは苑」の職員2人の感染が判明。いずれもクラスターが発生している。

関連キーワード

PR情報

埼玉の新着

記事一覧