<新型コロナ>茨城県で50人感染 境町で事業者間でクラスター

2020年11月26日 20時27分

茨城県庁

 茨城県は26日、新たに50人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者は1397人となった。1日の感染者が50人以上になるのは21日の66人以来、5日ぶり。(出来田敬司)
 居住地の内訳は、土浦市10人、つくば市9人、つくばみらい市6人、古河市5人、牛久市、かすみがうら市各3人、鹿嶋市、取手市、坂東市、境町各2人、龍ケ崎市、日立市、水戸市、守谷市、下妻市、常総市各1人。
 陽性が判明した境町の40代の男性会社員が勤める事業所など町内の複数の事業所間でクラスター(感染者集団)が確認された。複数の事業所で共用している休憩施設を介したとみられる。このクラスターの感染者は14人になる。
 つくば市によると、市立保育所の非常勤職員と、市サステナスクエア南分所の職員の感染を確認した。
 また土浦市によると、市消防本部予防課に勤務する40代の男性職員の感染も分かった。
 県は、34人が退院や自宅療養を終えたなどと発表した。退院などは計1005人となった。

関連キーワード

PR情報

新型コロナの新着

記事一覧