サンシャイン60 屋上 夜の地上227メートル 貸し切り

2020年11月27日 07時39分

サンシャイン60ビル全景(写真(左))と屋上体験のイメージ画像(同(右))新宿副都心が正面に見える=サンシャインシティ提供

 クリスマスシーズンの思い出作りに、街中の三密を避けて、地上227メートルの屋上を独占してみるのはいかが。
 「SKY CIRCUS サンシャイン60展望台」では、通常非公開の屋上の一部を貸し切りできる「夜の屋外空間を貸切!〜クリスマスは屋上でステキなひとときを〜」を実施する。期間は12月4〜27日の金、土、日曜日と、21〜24日の各日16時半以降。1組最大3人まで。各組30分(スタンバイ時間含む)。料金は1組9000円(展望台入場料も別途必要)。予約は来場予定日の1週間前から受け付け。
 サンシャイン60ビルは、1978年開業。当時は東洋一の高層ビルだった。屋上は93年に日本初の屋上開放型デッキとしてオープンしたが、2012年に閉鎖。その後、屋内の展望台がVR(仮想現実)機器などを導入して「体感する展望台」へと16年にリニューアル。さらなる体感を、と昨年からテスト的に屋上の開放も始めた。貸し切り企画は今夏についで2度目。
 かつての開放時よりもセキュリティーを強化しており、屋上へはハーネスベストの着用が必須。さらにワイヤでつなぐため縁までは行けない。それでも、目の前を遮るものがない開放的な空間で眺める東京の大パノラマは、思わず歓声を上げてしまうほどの絶景。夏の貸し切り時には「プロポーズをしたい」という要望もあったので、通常は落下防止のために持ち物は制限される中、今回は条件付きで持ち込み可能にした。
 貸し切り体験者には、屋上で撮影した写真とオリジナル付せん、展望台VR無料券もプレゼント。お相手の心も貸し切りできますように。 (村手久枝)
◇豊島区東池袋3の1。屋上利用には規約あり。9歳未満の子どもや身長110センチ以下、体重100キロ以上など利用不可の項目は公式サイトで確認を。また強風や雷など天候による中止もある。(電)03・3989・3457

関連キーワード

PR情報

限定 要チェックの新着

記事一覧