宇都宮の魅力 酒場に結集 「宮カフェ」2階 「宮レモン」のサワーなど提供

2020年11月27日 07時39分

宮カフェにオープンした宮のクラフト酒場=宇都宮市で

 宇都宮市中心部のオリオン通りにある宇都宮のアンテナショップ「宮カフェ」2階に、宇都宮のお酒や地元の食材を使ったおつまみが楽しめる「宮のクラフト酒場」がオープンした。2階は新型コロナウイルスの影響で4月中旬から休業が続いていた。 (原田拓哉)
 ピザなどを気軽に楽しめるイタリア風の酒場バルをイメージ。「道の駅うつのみや ろまんちっく村」で製造されるクラフトビールや、地元特産の「宮レモン」「宮ゆず」を使用したサワーを楽しめる。
 おつまみは地元の野菜を漬け込んだピクルスや自家製ソーセージなどで、県内産の小麦で焼き上げたピザもある。おつまみは三百円、ピザは千円前後。
 営業は金曜(午後五時半〜同十時)と土曜(正午〜午後十時)。
 市や経済団体などでつくる宇都宮ブランド推進協議会が運営する宮カフェは、一階で物販とハンバーガーなどを提供する。二階はチャレンジショップとして地元のイチゴを使ったジェラート店が入っていた。
 宮カフェには市内の観光案内パンフレットやカクテルが楽しめるバーのマップも置かれている。協議会の担当者は「新型コロナウイルスが収束しない状況なので、ゆっくりお酒、食事を楽しむというより、立ち寄って宇都宮の魅力を知り、いろんな場所に足を延ばす機会につながれば」と話している。

関連キーワード

PR情報

栃木の新着

記事一覧