ふるさと納税 返礼品に 県、コロナ打撃の事業者支援 体験型からシフト

2020年11月28日 07時26分

寄付額2万円〜3万円未満でもらえる「かながわ名産100選 金曜日はカレーの日セット」(県提供)

 神奈川県は、県の特産品を盛り込んだふるさと納税の新たな返礼品二十二種類を発表した。これまではコンサートのチケットなど「体験型」の返礼品を重視し、来県者を増やす戦略だった。新型コロナウイルス流行で打撃を受けた特産品事業者を支援するため、方針を転換した。
 寄付額一万円〜二万円未満は五種類、同二万円〜三万円未満は九種類、同三万円〜五万円未満は六種類、同五万円〜十万円未満は二種類の返礼品を用意。例えば、「よこすか海軍カレー」と県産米などのセットや、秦野市の蔵元が製造する日本酒「白笹鼓(しらささつづみ)」と牛すじのみそ煮込みセットなどがある。いずれも返礼品の価値は寄付額の三割未満に抑えている。
 返礼品を提供する業者は募集中で、今後さらに種類は増えるという。 (志村彰太)

◆藤沢市…舞台 アニメの人形 来月1日から先着順

3体セットのひとつ「一柳隊」=藤沢市で

 藤沢市はふるさと納税の返礼品に、市内などを舞台にしたテレビアニメ「アサルトリリィ」に登場するキャラクターのドール(人形)を追加した。
 アニメは10月から放送中で藤沢駅周辺や江の島シーキャンドルなどが描かれている。ドールは市内のドールメーカー「アゾンインターナショナル」が2013年に販売を始めた。今回の返礼品は完売したバージョンで、同社が保管していた分を市に提供。「蔵出しドール」と銘打っている。
 10万円の寄付コースにキャラクター3体セットを2種類、5セットずつ用意した。12月1日午前0時からふるさと納税サイト「さとふる」で、先着順に受け付ける。 (吉岡潤)

関連キーワード

PR情報

神奈川の新着

記事一覧