[千葉]公立高後期選抜試験 新型コロナウイルス感染などで救済措置 来月18日に追検査

2020年2月24日 02時00分
 県教育委員会は二十一日、三月二日の公立高校後期選抜試験について、新型コロナウイルス感染やその疑いで医師から止められるなどして、試験を受けられない受験生が出た場合の救済措置として、追検査を三月十八日に実施すると発表した。
 国語、数学、英語の各五十点ずつの一括問題を九十分で実施。必要に応じて面接や作文などを各学校の判断で加えることができる。後期選抜募集定員の枠外の扱いで、学校が試験結果で合否を判断する。合格発表は同十九日。 (中谷秀樹)

関連キーワード


おすすめ情報