[茨城]県立高入試 全日、定時制合わせ志望倍率1倍を切る

2020年2月15日 02時00分
 県教育委員会は十四日、県立高校入試の志願者数を発表した。志願倍率は全日制が一・〇一倍(前年同期比〇・〇五ポイント減)、定時制が前年度と同じ〇・五五倍で、全体では〇・九九倍となり、記録のある一九八一年度以降で初めて一倍を切った。
 県教委によると、全日制の志願倍率も過去最低。高校教育課の秋本光徳課長は「新年度からの私立高校の授業料の実質無償化に対し魅力に欠けたのかもしれない」と話し、全日制の減少分が私立に回ったのではないかとの見方を示した。
 全日制は、募集定員計一万八千七百九十人に対し志願者数は一万八千九百七十七人。定時制は、定員計九百二十人に対し志願者数は五百八人だった。
 志願倍率の学校別トップは、水戸一と水戸桜ノ牧の一・六四倍。学科別では水戸三・家政が一・七八倍で最も高かった。
 志願先の変更は十九、二十日。学力検査は三月四日、実技検査や面接は五日、合格発表は十三日となっている。 (鈴木学)

関連キーワード


おすすめ情報