シャンシャン、感謝で送る あすから京成電鉄 パンダ返還前企画

2020年11月30日 10時07分

12月1日からの京成上野駅のイメージ

 上野動物園(台東区)のジャイアントパンダ、シャンシャン(雌、三歳)が年末までに中国に返還されることから、京成電鉄(本社・千葉県市川市)は十二月一日から、「ありがとう!シャンシャン企画」を実施する。 (井上幸一)

ヘッドマーク(千葉県方面に向かう際の先頭車両のもの)

 企画では、感謝と別れを惜しむ気持ちを込めて、京成上野駅方面と千葉県方面を結ぶ三〇〇〇形一編成に記念ヘッドマークを掲出する。
 動物園の最寄り駅の京成上野駅構内では、デジタル看板でのシャンシャンの放映や、パンダの足跡、お見送り京成パンダの装飾を行う。いずれも一月三十一日まで。

京成上野駅に飾られるお見送り京成パンダ

 京成電鉄の担当者は、「足跡などは、シャンシャンが京成上野駅からスカイライナーに乗って成田空港まで行き、飛行機で中国へ帰るというイメージ」と話した。
 また、十二月四日から「ありがとうシャンシャン記念乗車券」を、京成上野、日暮里、押上、青砥など、主要二十駅の窓口で販売する。一部千円(五百円区間が二枚)。限定三千部発売し、売り切れ次第終了。
 問い合わせは、京成お客さまダイヤル=電0570(081)160=へ。

記念乗車券(表面)=いずれも京成電鉄提供

関連キーワード

PR情報

主要ニュースの新着

記事一覧