史上初めて全員女性に バイデン次期大統領、広報戦略チームの幹部7人を発表

2020年11月30日 12時54分
ジェン・サキ氏(共同)

ジェン・サキ氏(共同)

 【ワシントン=岩田仲弘】バイデン次期大統領とハリス次期副大統領は29日、ホワイトハウスの広報部長や大統領報道官ら広報戦略チームの幹部7人を発表した。全員女性で、政権移行チームによると、史上初めてだという。
 政権の広報戦略を統括する広報部長には、バイデン氏陣営で選挙対策副本部長兼広報部長を務めたケイト・ベディングフィールド氏が就任する。
 大統領報道官には、ジェン・サキ氏を起用。サキ氏は、オバマ前政権でホワイトハウスの副報道官や広報部長、国務省報道官を歴任した広報戦略のベテラン。
 さらにハリス氏の広報部長にペロシ下院議長の広報部長を務めた黒人のアシュレー・エティエンヌ氏、顧問兼報道官にバイデン氏陣営の顧問として広報も担った黒人のシモーン・サンダース氏が就任する。他に任命したのは、大統領夫人の広報部長、ホワイトハウスの広報副部長と副報道官。
 バイデン氏は「能力があり、経験豊富なコミュニケーターたちは、多様な視点で、国をより良く再建することに献身してくれる」と期待。ハリス氏も「バリアー(障害)を打ち砕くチーム」と強調した。

PR情報

主要ニュースの新着

記事一覧