「学問の自由脅かすな」高校、大学生らが学術会議問題に抗議デモ

2020年11月30日 20時52分
 菅義偉首相が日本学術会議の会員候補の任命を拒否したことに抗議する高校生や大学生らが30日、首相官邸前でデモを行った。「ACADEMIC FREEDOM」と書いたプラカードを掲げ、「学問の自由が脅かされている。国民の声を聴き、理由や経緯を明らかにして」と訴えた。

首相官邸前で日本学術会議の任命拒否問題について抗議する学生ら=30日、東京・永田町で

【関連記事】井上担当相「学術会議を国から独立」求める

◆「私たち高校生も主権者」

 東京都内の学生らによる実行委員会が企画し、主催者発表で約80人が参加。任命拒否された6人を改めて任命することや、学問と言論の自由を守ることなどを求め、マイクを握った。
 呼び掛け人の1人で、都内の私立高校2年の田原ちひろさんは「私たち高校生も主権者。社会や政治に無関心でいられない。自分がどう生きていくかは、自由な学びがあってこそ見つけていけるもの」と話した。

◆国会内でも議員、学者らが集会

 国会内でも同日、国会議員や学者、市民ら約300人(主催者発表)が参加して抗議集会があった。青山学院大の羽場久美子教授は、任命拒否された6人が国の安全保障政策などに反対の立場だった点を踏まえ、「権力を監視し続け、権力に批判的であり続けなければ学問ではない」と強調した。(奥野斐)

PR情報

主要ニュースの新着

記事一覧