マクドナルドのストローで配達バイクが走る プラごみリサイクルの実証事業スタート

2020年12月1日 06時00分

実証事業ではマクドナルド店舗で出たプラスチックごみ(右)をガス化施設(後方)で分解し、燃料電池車(左)を介して電動バイクに充電する=11月30日、川崎市川崎区で(淡路久喜撮影)

 マクドナルドの店舗で使われたストローなどのプラスチックごみから水素を取り出し、電気に変換して配達用電動バイクの動力にリサイクルする実証事業が1日から、川崎市の一部店舗で始まる。日本マクドナルドによると、従来はプラスチック類は焼却処理しているという。
 実証事業は約1カ月、同社と化学メーカーの昭和電工、市が連携して実施。産業系廃プラスチックのリサイクルに向け、回収・運搬の課題や二酸化炭素(CO2)排出量などを検証する。

プラスチックのストローやふたが電気になる

 川崎富士見通り店(川崎区)など市内8店舗から回収した廃プラスチックを、昭和電工川崎事業所(同)のガス化プラントで高温分解して水素を取り出し、水素で走る燃料電池車(FCV)に充填。FCVが電気に変換し、マクドナルド川崎南加瀬店(幸区)の配達用電動バイクに充電する。
 11月30日に市内で説明会があり、マクドナルドの担当者は「店舗のプラごみが一周して店に戻り、バイクを走らせる。この資源循環は(来店した)市民の皆さんの分別から始まる」と協力を呼び掛けた。(石川修巳)

関連キーワード

PR情報