「GoToトラベル」自粛要請を確認 東京発着17日までの旅行が対象、無料解約は13日まで

2020年12月2日 22時51分

「Go To トラベル」の一部利用自粛の呼び掛けについて話す小池百合子知事=東京都庁で

 政府の観光支援事業「Go To トラベル」の東京発着旅行で、重症化リスクの高い65歳以上の高齢者や基礎疾患がある人に利用自粛を呼び掛けることを巡り、東京都は2日、利用者が予約済みの旅行を無料でキャンセルするためには、13日までの解約が必要になることなど国から対応の概要について通知があったことを明らかにした。
 国からの通知は2日、都が新型コロナウイルス感染症対策本部会議で示した。それによると自粛要請は東京都を発着地とする17日出発分までの旅行が対象。無料キャンセルを13日までの解約としたほか、利用者の年齢や基礎疾患の有無は事業者が自己申告で確認するとした。キャンセルが発生した事業者に対しては国が旅行代金の35%を補填ほてんする。
 小池百合子知事は本部会議で、自粛要請について「国と連携して、重症者の増加をいかに抑えるかで一致した」と説明。会議後、報道陣の取材に「(酒類提供の飲食店などに対する)営業時間の短縮要請と合わせ技で感染を抑え込んでいく」と述べた。
 「Go To トラベル」では、すでに政府が各知事の判断を踏まえて、札幌、大阪両市を目的地とする旅行を対象から除外。両市を出発地とする旅行については利用自粛を呼び掛けている。(岡本太)

PR情報

東京の新着

記事一覧