<新型コロナ>群馬県は過去最多の44人感染 山本知事「新たな生活様式しかない」

2020年12月3日 08時25分

山本一太知事(5月)

 群馬県と前橋市は二日、新型コロナウイルスに新たに計四十四人が感染していると確認したと発表した。内訳は県四十一人、前橋市三人。県内の感染確認者は計千二百八十三人。一日当たりの感染確認者の発表人数では過去最多となった。
 山本一太知事は同日、「感染拡大を抑えるには、マスク着用や換気など新しい生活様式しかない」と協力を呼び掛けた。
 一方、県が一日夜発表したのは、十〜八十代の小中学生や会社員ら男女。住所は伊勢崎市十一人、桐生市六人、みどり市四人、太田市三人、館林保健所管内五人、吾妻保健所管内一人。前橋市が同日発表したのは五十代の男性会社員と十代の男子学生。 (池田知之、市川勘太郎)

関連キーワード

PR情報

群馬の新着

記事一覧