<新型コロナ>千葉県で82人感染 クラスター発生の佐倉市の保育園で新たに園児2人

2020年12月3日 20時43分
千葉県庁

千葉県庁

  • 千葉県庁
 千葉県内で3日、新たに82人が新型コロナウイルスに感染したと発表された。直近1週間(11月27日~12月3日)の感染者数は595人で、前週の535人、前々週の536人を上回り、本紙の調査で過去最多だった。また、11月の1カ月間の感染者は1973人で、死者は7人だった。(中谷秀樹)
 直近1週間で1日当たりの平均感染者数は85人(前週76・4人)。27日に過去2番目の107人の感染が確認され、翌28日は過去最多の113人で、初めて2日連続100人を上回った。県にコロナ対応を助言する対策連絡会議専門部会は1日に緊急会見を開き、部会長の山本修一・千葉大副学長は「県内のどこにもコロナのウイルスがいて、どこからでもクラスターが発生し得る。これまでとかなり違う状況」と指摘した。
 死者も増えている。11月30日~12月2日に3日連続で計4人の感染者の死亡が発表された。非公表の1人を除き、いずれも70~80代の高齢男性だった。
 3日発表の感染者は、幼児が6人。保育園などでの感染例が複数あり、クラスター(感染者集団)が発生した佐倉市の「さくら敬愛保育園」で、新たに男子の園児2人の感染が確認された。同施設で園児の感染は初で感染者は計9人。また、県は先月30日に感染を発表した市川市の男性の発生届が取り下げられたと発表した。

関連キーワード

PR情報

千葉の新着

記事一覧