アゼルバイジャン軍2783人死亡 係争地ナゴルノカラバフ巡る交戦で

2020年12月6日 06時00分
 【モスクワ=小柳悠志】係争地ナゴルノカラバフを巡り、アルメニアと11月上旬まで交戦を続けていたアゼルバイジャン国防省は3日、自国の軍人の死者は2783人だと明らかにした。これまで民間人死者数のみ公表していた。
 アルメニア側の死者は軍人が2718人。今回の発表で、双方の犠牲者は民間人を含めて計5600人余りとなった。軍事衝突は9月27日に始まり、11月10日に発効した停戦合意で事実上、アゼルバイジャンが勝利している。

関連キーワード

PR情報

国際の新着

記事一覧