<新型コロナ>神奈川で65人感染 クラスターの多摩病院に入院していた男性ら2人が死亡

2020年12月7日 20時45分
 神奈川県内で7日、新型コロナウイルスに感染した川崎市の70代男性ら2人の死亡と、65人の感染が明らかになった。このうち感染経路不明は35人。県や、横浜など6市の保健当局が発表した。
 川崎市によると、死亡した男性はクラスター(感染者集団)が発生した市立多摩病院(多摩区)の元入院患者。退院後の11月6日に陽性と診断され、別の病院に入院していた。20~40代の男性4人の感染も発表した。
 横浜市は70代男性の死亡と、36人の感染を発表した。死亡した男性は肺がんなどを患っていた。4日に陽性が判明し、5日に死亡した。
 相模原市は6人の感染を発表した。このうち40代男性は北里大病院(南区)の看護師。院内に濃厚接触者はおらず、病院の業務に影響はないという。
 藤沢市は4人の感染を発表。うち1人はクラスターが発生したサービス付き高齢者向け住宅のスタッフ。残る3人は同じ施設で提供されているデイサービスの利用者で、関連する感染者は計30人となった。
 茅ケ崎市は5人の感染を発表した。80代女性と70代男性はそれぞれ利用した別の介護福祉施設で感染者と接触したという。
 県と横須賀市はそれぞれ5人の感染を発表した。

神奈川県庁


おすすめ情報

神奈川の新着

記事一覧