浅草公会堂前 スターの手型 新たに5人 林家正蔵さんら 

2020年12月10日 07時09分
林家正蔵さん(いずれも台東区提供)

林家正蔵さん(いずれも台東区提供)

  • 林家正蔵さん(いずれも台東区提供)
  • 片岡秀太郎さん
  • 加藤茶さん
  • 倍賞千恵子さん
  • 細川たかしさん
 浅草の観光スポットの一つになっている浅草公会堂(台東区)前の「スターの手型」に、落語家の九代目林家正蔵さん(58)ら五人が加わることになった。十二日にある顕彰式の前後にお披露目される。
 五人は正蔵さんのほか、歌舞伎俳優の二代目片岡秀太郎さん(79)、コメディアンの加藤茶さん(77)、女優の倍賞千恵子さん(79)、歌手の細川たかしさん(70)。これで延べ三百三十七人分となる。
 スターの手型の設置は、大衆芸能の発展に貢献した芸能人の功績を後世に伝えようと、台東区が一九七九年に始めた。さまざまな分野で活躍した人たちの手型がずらりと並び、多くの観光客が見物に訪れている。 (加藤健太)

関連キーワード

PR情報

東京の新着

記事一覧