至芸の神髄、魅力を伝える 「ようこそ伝統芸能の世界~伝承者に聞く技と心」

2020年5月22日 02時00分
 日本の伝統芸能を継承している13人にインタビューし、至芸の神髄、魅力を伝える「ようこそ伝統芸能の世界~伝承者に聞く技と心」(森田ゆい著、薫風社刊)=写真=が出た。
 能楽狂言方の山本東次郎、能楽囃子方(はやしかた)小鼓の大倉源次郎、日本舞踊の西川扇蔵、組踊(くみおどり)の宮城能鳳(のうほう)の人間国宝4人のほか、琉球舞踊の志田房子、文楽の太夫(語り)の竹本錣太夫(しころだゆう)、人形遣いの吉田勘弥らが疑問に答え、それぞれ伝承してきた芸能の妙を語っている。特別付録のDVD(日本語と英語のテロップ付き)は、著者がナビゲーターを務め、各芸能の舞台風景などを収めた。2200円。

関連キーワード

PR情報

伝統芸能の新着

記事一覧