<新型コロナ>茨城県で24人が感染 坂東市の障害者施設の感染者は計63人に

2020年12月11日 19時04分

茨城県庁

 茨城県は11日、新型コロナウイルスに感染し、入院中の80代男性が死亡したと発表した。県内の死者は計26人。また、新たに24人が感染したことを明らかにした。感染者は計1935人になった。
 居住地の内訳は、つくば市6人、つくばみらい市5人、阿見町3人、水戸市、笠間市、取手市、土浦市、守谷市、牛久市、桜川市、龍ケ崎市、利根町、東海村各1人。龍ケ崎市の80代無職女性は症状がやや重く、それ以外は軽症か、症状はない。
 クラスターが発生した可能性のあるつくば市の障害福祉サービス事業所では、新たに入居者2人の感染が判明し、感染者は計36人になった。坂東市の障害者福祉施設「暁厚生園」では、50代の女性職員が新たに感染し、感染者は計63人になった。
 つくばみらい市の20代男性2人と10代男性は同じ興行団体に所属し、関係者約20人を濃厚接触者として調べる。
 県は34人が退院するなどしたと発表し、退院者などは計1536人になった。(保坂千裕)

関連キーワード

PR情報

茨城の新着

記事一覧