Go Toトラベル、政府が東京、名古屋の一時停止を打診 東京の飲食店時短は1月11日までの延長で調整

2020年12月13日 22時47分

西村経済再生相との会談を終え、引き揚げる東京都の小池百合子知事(中央)=13日午後、東京都千代田区

政府は新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、東京都と名古屋市を目的地とする観光支援事業「Go To トラベル」を一時停止する方向で調整に入った。愛知県の大村秀章知事が13日の民放番組で、西村康稔経済再生担当相から「東京と名古屋市を除外の対象として考えてもらえないか」と打診があったと明らかにした。14日に対策本部を開き、最終的な対応を決める見通しだ。
 関係者によると、東京都が飲食店などに要請している営業時間短縮に関し、政府は1月11日まで延長するよう求め、都側も応じる意向を伝えている。今後、政府が検討を進めて最終判断する。
 菅義偉首相は13日午後、トラベル事業を巡り西村氏、田村憲久厚生労働相、加藤勝信官房長官と官邸で協議。西村氏は協議後「知事との調整状況を報告した。引き続き調整する」と官邸で記者団に語った。
 
 大村氏は一時停止に関し「西村氏から都道府県の判断でお願いしたいと言われている」と説明した上で、感染拡大の状況を踏まえて検討する考えを示した。
 東京都の小池百合子知事は内閣府で西村氏と会談。会談後、都庁で報道陣の取材に応じ「都としての考えを伝えた。これから国の方で判断すると聞いている」と説明した。(共同)

関連キーワード

PR情報