<新型コロナ>茨城県で新たに14人感染、障害者福祉施設のクラスターは計70人に

2020年12月13日 20時41分

茨城県庁

 茨城県は13日、新型コロナウイルスに感染し、入院していた90代と70代の男性2人が死亡したと発表した。県内の死者は計28人。また、新たに14人が感染したと公表した。感染者は計1987人になった。
 居住地の内訳は、坂東市6人、常総市2人、常陸太田市、龍ケ崎市、牛久市、守谷市、利根町、阿見町各1人。常総市の30代無職女性と50代男性会社員、常陸太田市の70代無職男性、龍ケ崎市の60代自営業男性、利根町の70代主婦の5人はやや症状が重い。
 クラスターが発生した坂東市の障害者福祉施設「暁厚生園」では、入所する20代~60代の男女6人の陽性が新たに判明。感染者は、県外で集計された1人を含め、計70人になった。
 県は、50人が退院するなどしたと発表。退院者などは計1626人になった。(松村真一郎)
【関連記事】茨城県内の外出自粛・時短営業 利根町を追加し3市町に
【関連記事】首都圏の感染者数と最新情報
【関連リンク】茨城県公式サイト

関連キーワード

PR情報