東京、愛知、北海道、大阪…全国の駅や繁華街、6割で人出増 前週比、外出抑制浸透せず

2020年12月13日 23時52分
東京・新宿をマスク姿で歩く人たち=13日午後

東京・新宿をマスク姿で歩く人たち=13日午後

 NTTドコモがまとめた13日の全国主要駅や繁華街の午後3時時点の人出は、計95地点のうち6割に当たる57地点で前週6日から増加したことが分かった。減少した地点の多くも小幅にとどまった。政府が掲げた「勝負の3週間」の最後の休日だったが、外出を抑制する動きが浸透していない状況に変化は見られなかった。
 東京都では全12地点中9地点で人出が増加した。銀座は感染拡大前(1月18日~2月14日)の休日平均と比べ1・3%減で、前週6日(4・8%減)から3・5ポイント上向いた。新宿駅や渋谷センター街でも前週から人出が増えた。
 愛知県では名古屋市の栄駅が前週6日の1・7%減から8・0%増に9・7ポイント上昇した。名古屋駅も25・3%減から23・1%減に2・2ポイント上がった。
 北海道では札幌駅やすすきの、新千歳空港、旭川駅の4地点全てで前週を上回る人出だった。大阪府は全4地点のうち梅田や難波、堺東駅の3地点で前週より人出が増加した。(共同)

関連キーワード

PR情報

経済の新着

記事一覧