Go To トラベル一時停止、小池知事「政府に聞いて」

2020年12月14日 10時31分

14日、東京都庁に入る小池百合子知事=都庁で

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府の観光支援事業「Go To トラベル」の一時停止や飲食店の営業時間の短縮要請について、東京都の小池百合子知事は14日午前、報道陣に対して「それは政府にお聞きください」と述べるにとどめた。政府は同日に対策本部を開き、最終的な対応を決める見通しだ。
【関連記事】東京、名古屋のGoTo停止「調整の途中段階」 官房長官
【関連記事】東京の「Go Toトラベル」一時停止 政府は25日まで、都は1月11日までを要望 対象エリアでも調整

 小池知事は13日、西村康稔経済再生担当相と会談。Go To事業や今後のコロナ対策について話しあったとみられる。
 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は、感染状況が「ステージ3」に相当する地域の中で、感染の「高止まり地域」や「拡大継続地域」では、GoToトラベルの一時停止や、飲食店の営業時間を午後8時までにすることを検討すべきなどと提言していた。
 政府は11月25日に「勝負の3週間」と位置付け感染抑制に取り組んできた。都は、高齢者や持病のある人のトラベルの利用自粛や飲食店の営業時間の短縮を求めているが、都内の新規感染者数は高い水準で続いている。

PR情報

政治の新着

記事一覧