戦争語り継ぐ新たな試み 第2次大戦の「労苦体験手記」無料で音声配信

2020年12月16日 12時00分

オーディオブックになった第2次大戦の労苦体験手記が無料で聴ける「LisBo」のページ

 第2次大戦の労苦体験手記がオーディオブックになり、無料で聴けるようになりました。音声配信サービス会社「ピコハウス」(東京都新宿区)が運営する「LisBo(リスボ)」で8日から配信を始め、手記を順次増やしていきます。

◆コロナで講演会など中止で危機感

 労苦体験手記は、旧独立行政法人「平和祈念事業特別基金」(2013年解散)が、兵士や海外引き揚げ者ら3243人から集めた3277編を「平和の礎」として刊行したもの。同基金の資料を引き継いだ平和祈念展示資料館(同区)のホームページで読むことができます。

配信を始める前の特設サイトをパソコン画面に表示する小幡雅志さん=東京都新宿区のピコハウスで

 本紙に情報を寄せた同社コンテンツ事業部の小幡雅志さん(43)は、コロナ禍で戦争体験を語り継ぐ講演会などが中止になったり、各地の平和資料館などの入館者数が激減したりしたことに危機感を抱いたそうです。平和祈念展示資料館の協力で、手記の中から66編を選び、声優ら18人に朗読してもらって録音し、オーディオブック化しました。
 同館の橋場敏見事務局長(66)は「歴史を若い人たちに伝えていく上で新しい切り口を提供してもらった」と話しています。
 21日に20編、年明けからは毎月、手記を追加していきます。配信は「リスボ」で検索。問い合わせはピコハウス=電03(3266)8855=へ。(稲垣太郎)

関連キーワード

PR情報

ニュースあなた発の新着

記事一覧