東京五輪聖火リレー 茨城県内は7月4日、5日 実施市町は変更なし

2020年12月17日 07時44分
 来夏に延期された東京五輪の聖火リレーの日程について、県内は7月4、5日の2日間で、リレーが通過する市町やセレブレーション(聖火到着を祝うイベント)会場は延期前と変更しないことになった。県が15日、発表した。詳細なルートも変更しない方向で大会組織委員会と調整している。
 本県への聖火到着は45番目。千葉県から受け取り、埼玉県へ引き継ぐ。
 4日はサッカー競技の開催地・鹿嶋市をスタートし水戸市までの8市町・7区間(17.2キロ)を、5日は古河市を出発してつくば市まで8市・9区間(18.7キロ)をつなぐ。途中、袋田の滝(大子町)や竜神大吊橋(つりばし)(常陸太田市)、霞ケ浦などの名所を通る。 (宮尾幹成)

関連キーワード

PR情報

五輪聖火リレーの新着

記事一覧