五輪聖火リレー 千葉県内ルート、変更なし

2020年12月17日 07時43分
 東京五輪・パラリンピック組織委員会が15日に発表した五輪聖火リレーのルート概要で、県内での実施内容に変更はなかった。
 リレーが県内に入るのは神奈川県に次いで44番目で、7月1日~3日の3日間。初日は東京湾アクアラインの「海ほたる」(木更津市)で出発式があり、サーフィン会場の一宮町などを経由して山武市まで。2日目は銚子ポートタワー(銚子市)から東日本大震災で被災した旭市、成田山新勝寺(成田市)などを通って、レスリングなどの会場の幕張メッセ(千葉市)まで。最終日は浦安市から船橋、柏両市などを経由して松戸中央公園(松戸市)が最終ゴール地点となる。
 ランナーは決定済みの個人・団体は維持し、新型コロナウイルスの感染拡大防止策を徹底して実施される。 (中谷秀樹)

関連キーワード

PR情報

五輪聖火リレーの新着

記事一覧