群馬県内の聖火リレー、3月末に

2020年12月17日 08時15分
 来年に延期された東京五輪の聖火リレーは、県内では3月30、31日の実施が決まった。延期前と同じ県内15市町村を巡り、ランナーは当初の内定者を優先的に調整する。
 コースは1日目が館林市をスタートし大泉町、太田市、上野村、桐生市、伊勢崎市を経て前橋市。2日目は渋川市から草津町、沼田市、川場村、長野原町、藤岡市、富岡市を経て高崎市。市町村間は自動車で移動する見通し。
 初日のゴールとなる式典会場では、延期前のヤマダグリーンドーム前橋から前橋公園に変更する。県スポーツ振興課は「臨江閣や県庁を望むことができ、PRにつながるなど総合的に判断した」としている。 (池田知之)

関連キーワード

PR情報

五輪聖火リレーの新着

記事一覧