<新型コロナ>茨城県で新たに28人感染 土浦日大高関係者は29人に  

2020年12月17日 21時38分
茨城県庁

茨城県庁

 茨城県は17日、新型コロナウイルスに感染し入院していた80代男女の2人が死亡したと発表した。県内の死者は計34人。また、クラスター(感染者集団)が発生した土浦日大高(土浦市)の生徒を含む28人が感染したと明らかにした。県内の感染者は計2081人になった。
 居住地の内訳は、取手市、土浦市、県外各5人、つくば市4人、牛久市2人、坂東市、桜川市、かすみがうら市、鹿嶋市、神栖市、八千代町、阿見町各1人。 
 
 つくば市の50代男性は重症で、人工心肺装置で治療中。男性の家族の50代女性、八千代町の50代会社員女性は症状がやや重いという。
 土浦日大高では新たに生徒9人の感染が判明。うち8人はバレーボール部やバスケットボール部。関係の感染者は計29人となった。
 退院者などは28人。12日に自宅療養を終えた70代女性が、せきなどを発症し入院したという。(保坂千裕)

関連キーワード

PR情報