「核のごみ捨て場でない」青森・むつ市長 電事連の核燃料貯蔵施設「共用」方針に反発

2020年12月18日 18時00分
 大手電力でつくる電気事業連合会の清水成信副会長は18日、青森県むつ市役所に宮下宗一郎市長を訪ね、原発を持つ各社で同市にある使用済み核燃料の中間貯蔵施設を共同利用する案を説明した。市長は「むつ市は核のごみ捨て場ではない。全国の燃料を引き受ける必然性はない」とし、共用化ありきの議論には応じないと強調した。

電気事業連合会の清水成信副会長と青森県むつ市役所で会談する宮下宗一郎市長=12月18日午後

 施設は東京電力と日本原子力発電の専用に建設された経緯があり、市長は「これまでしてきた議論の積み上げが崩れる。市が最終処分場になる懸念もある」と述べた。
 国は使用済み核燃料を再利用する核燃料サイクル政策を進めている。会談終了後、報道陣の取材に応じた経済産業省の小沢典明首席エネルギー・地域政策統括調整官は「使用済み核燃料はごみではなく資源だ。地元の理解を得られるよう丁寧に説明していく」と述べた。(共同)

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧