<新型コロナ>茨城県で力士など新たに16人感染 つくばみらい市の立浪部屋関連は計11人に

2020年12月20日 19時07分

(左から)茨城県警、茨城県庁、茨城県県議会

 茨城県と水戸市は20日、つくばみらい市にある大相撲の立浪部屋の力士ら16人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち2人はやや重い症状。県内の感染者は計2133人になった。
 居住地の内訳は、つくば市5人、鹿嶋市2人、水戸、日立、桜川、守谷、古河、取手、つくばみらい、笠間市と東京都が各1人。
 つくばみらい市の1人は、立浪部屋に所属する10代の幕下以下の力士で、やや重い症状。部屋関連の感染者は計11人になった。
 つくば市在住で40代の医療従事者の女性もやや重い症状。勤務先で濃厚接触者はいないという。
 県は32人が退院するなどしたと発表。退院者などは計1796人になった。(宮尾幹成)

関連キーワード

PR情報