新型コロナ 東京都が年末年始の医療機関などに協力金 重症患者1人につき1 日30万円

2020年12月21日 17時55分
東京都庁

東京都庁

  • 東京都庁
 東京都の小池百合子知事は21日午後、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえた医療支援策に関する臨時の記者会見を開いた。12月29日~来年1月3日に新型コロナの入院患者を受け入れた医療機関には、患者1人につき重症の場合で1日30万円、中等症と軽症で7万円を支給し、薬局には1日8時間以上の営業を条件に1日当たり3万円を支払う内容。
 都は年末年始に診療を続ける医療機関向けとして既に約30億円を予算化しており、1日4時間以上の診療を条件として1時間当たり3万7500円を支給する。
 ただ、都内の感染状況は悪化を続けており、医療機関へのさらなる支援策が必要と判断。小規模クリニックが診療を続けるのに欠かせない院外処方の薬局への協力金支給も盛り込むことになった。(共同)

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧