半沢新頭取、モデルではないが… 原作者の池井戸潤さん「金融界に新風を」とエール

2020年12月23日 16時52分
池井戸潤さん(2012年7月撮影)

池井戸潤さん(2012年7月撮影)

  • 池井戸潤さん(2012年7月撮影)
 三菱UFJ銀行が、半沢淳一取締役常務執行役員(55)を頭取に昇格する人事を固めたと報じられたことを受け、「半沢直樹」シリーズの原作者池井戸潤さんが23日、半沢氏は「モデルではない」と否定した。一方で、「同じ半沢同士、日本の金融界に新風を吹き込んでいただきたい」と応援メッセージを送った。
 池井戸さんの個人事務所のツイッターでコメントを公開した。
 池井戸さんは、半沢氏と同期入行したものの「ほとんど面識がない」といい、「『やられたら、倍返し』をモットーとする銀行員にモデルは存在しません」と断言。半沢の名字については、「敬愛する知り合いの名前をもじったものだ」と明かした。
 半沢直樹という名前は特にお気に入りといい、「同じ半沢同士、日本の金融界に新風を吹き込んでいただきたいものです」と応援した。

◆池井戸さんが発表したコメントは以下の通り。

 三菱UFJ銀行の半沢淳一新頭取は、同期入行ではあるものの、ほとんど面識のない方です。ご本人も否定されていますが、半沢直樹のモデルではありません。また他にも半沢直樹のモデルだという方がいらっしゃるようですが、すべて違います。
 半沢直樹はあくまで想像上の人物で、「やられたら、倍返し」をモットーとする銀行員にモデルは存在しません。
 ちなみに、「半沢」という名字は、敬愛する知り合いの名前をもじったものです。小説を書く上で、登場人物の名前を考えるのは楽しい作業のひとつですが、「半沢直樹」という名前は特に気に入っています。
 同じ半沢同士、日本の金融界に新風を吹き込んでいただきたいものです。

関連キーワード

PR情報