日本医師会長「使命感で持ちこたえてきたが、限界だ」 危機意識の共有呼び掛け

2020年12月23日 17時12分
記者会見する日本医師会の中川俊男会長=23日午後、東京都内

記者会見する日本医師会の中川俊男会長=23日午後、東京都内

 日本医師会(日医)の中川俊男会長は23日、東京都内で記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、4月の政府による緊急事態宣言発令時のように「国民に緊張感を取り戻さなければならない」と訴えた。
 中川氏は、新型コロナ患者の対応に当たる医師や看護師の疲れがピークに達していると強調。「使命感で持ちこたえてきたが、限界だ」と指摘した。医療従事者は差別や偏見にも苦しんでいる。中川氏は「医療従事者を守ってください」と、国民に要請した。
 年末年始には医療機関が休診し、医療提供体制が手薄になる地域が多い。このため中川氏は、体調が悪くなったときの連絡先を自治体のホームページなどで事前に調べることも呼び掛けた。(共同)

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧