【記者会見詳報】「5000円で全てまかなっていたんだね、と…」「秘書の連絡・連携が不十分だった」 安倍前首相の「桜を見る会」夕食会

2020年12月24日 21時45分

「桜を見る会」問題を巡って記者会見する安倍前首相

 本日午前中、私の政治団体である「安倍晋三後援会」の政治資金収支報告書の2017年、2018年、2019年の3年分の修正を行ったと、私の秘書から報告を受けた。「桜を見る会」の前夜に行われていた夕食会の開催費用の一部を後援会として支出していたにもかかわらず、それを記載しなかったとの事実があったことから、その修正を行った。同時に後援会の責任者である公設第1秘書が政治資金規正法上の収支報告書不記載の事実により略式起訴され、罰金を命じられたとの報告を受けた。
 こうした会計処理については私が知らない中で行われていたとはいえ、道義的責任を痛感している。深く深く反省するとともに、国民の皆さまに心からおわびする。
 夕食会については、令和元年秋の臨時国会、本年の通常国会で幾度も答弁した。その中で、安倍晋三後援会は夕食会の主催はしたものの、契約主体はあくまで個々の参加者であった。後援会としては収入もないし、支出もしていない、したがって政治資金収支報告書に記載する必要はないと認識していた。夕食会における飲食代、会場費を含め、支払いは個々の参加者からの支払いで完結していた。以上から、政治資金規正法などに触れるようなことはないとの認識である、という趣旨の説明を繰り返しした。事務所に確認し、当時の私の認識の限りの答弁をさせていただいたつもりだ。
 しかしながら、結果として答弁の中には事実に反するものがあった。それがゆえに国民の政治への信頼を損なうこととなった。このような事態を招いたことについて、当時の行政府の長として、また政治資金については率先して襟を正すべき自民党総裁として、何より国民を代表する一国会議員として、国民の皆さま、与野党全ての国会議員の皆さまに対し、深くおわびしたいと思う。
 先ほど大島衆院議長、山東参院議長に、先の国会で行った答弁をただす機会をもうけたいと提示した。国会にも答弁をただし、おわび申し上げなければならないと考えている。今般の機会を招いた私の政治責任はきわめて重いと自覚し、真摯に受け止めている。国民からの信頼を回復するために、あらゆる努力を行っていきたい。まずは私自身の政治活動、後援会、事務所における資金の透明性の確保につき、国民から一点の疑問も生じることのないよう私自身が責任を持って徹底する。そして深い反省の上に立ち、国民の皆さまに本当の意味で信頼され、政治家として国家国民の期待に真に応えることができるよう、初心に立ち返って研鑽を重ね、その責任を果たしていきたいと考えている。あらためて国民の皆さま、すべての国会議員の皆さまに深くおわび申し上げます。

<質疑応答>

Q 前夜祭の費用の補填の原資はどこから出していたのか。検察が認定したのは708万円、4年分だが、19年分の繰越金は460万円しかない
A 当該資金については、私のいわば預金から下ろしたものを、たとえば食費、会合費、交通費、宿泊費など私的なもの、そうした支出一般について、事務所に請求書が来る。そして事務所が支払うので、事務所に手持ち資金として私が預けているものから支出したということです。
Q 事務所に幾度も確認した、知らない中で行われていたというが、安倍前総理としていつ事実確認をしたか。野党から議員辞職に値する問題という指摘もある。議員辞職や離党の考えは
A 事実を確認したのは、捜査が始まった後、最近。責任者が聴取を受ける中で、その責任者に私は「5000円の会費ですべてまかなっていたんだね」ということを確認したが、「そうです」と責任者が答えた。その後も「会場代も含めてだね」と確認したが、「そうです」と答えていた。なぜそう答えてしまったのかというと、数年間にわたって載せるべき収支報告書に載せていなかったということがあり、私に真実を述べることができなかったということだった。ですから私は5000円ですべてまかなっていると確信していた。その後、当該秘書が聴取を受けた中で、どの段階か分からないが、私に真実を述べたいと申し出たところ、(検察が)私とはそういう相談というか、このことについて話をしないように、私には伝えないようにと言うことだったので伝えていなかったが、11月に報道があり、私から当該責任者に確認をとったところ、実はこういうことだったと。
 政治責任については極めて重いと自覚している。その上でどのような責任の取り方があるかだが、反省の上に立って、まずはしっかり国民から見て一転も曇りのないように、透明性を確保するため私自身が責任を持って徹底していく。同時に信頼を回復するため、本当の意味で信頼に足る政治家として、国民の皆様の訴えに応えられるよう初心に立ち返って全力を尽くすことで職責を果たしていきたい。
Q 捜査が始まった段階で確認したということだが
A 捜査が始まった段階では、われわれは口裏合わせをしてはいけないということで、当該責任者とは話をしていなかった。検察官に事実を伝えたいと言っていたが、それも含め話をしないようにと言われていたので、当該責任者は私には話をしなかったということ。
Q 明日で一定の区切りをつけるということだが
A 今般の政治的責任は重いものがある。まずは私自身が真の意味で国民の信頼を回復するために努力を重ねていかなければならないと考える。
Q 事実と異なる国会答弁があった。一連の答弁が生じた原因は何だったと総括しているか。問題を重く考えていなかったのでは
A そもそも前日の夕食会の運営は、総理大臣ですから、職務に専念しているのでかかわっていなかった。長年ずっと事務所の運営、選挙も含めて間違いがなかったので、責任者に任せていたということ。私が事実を確認した際、事実確認の仕方として私自身がホテルに当たることは考えられず、当然信頼している責任者に確認をとった。その際、真実について私に話してもらえればそこで収支報告書を訂正することになったわけだった。前もって訂正をしていればこうした事態にはならなかったということではないか。その後秘書が厳しく処分されることもおそらくなかっただろうと思う。もちろん国会で事実と違うことを述べるということにもならなかった。
Q (公設第1秘書の)配川さん自身に確認したことはなかったのか
A 基本的に私自身が確認したのは東京の責任者だった。東京の責任者が会の運営、ホテルとの交渉、支払いの立て替えを行っていたので、東京に確認した。当該の責任者以外にも何人かに確認しているが、地元の公設第1秘書に確認したという明確な記憶はないのだが、今回の取り調べの中で、当該第1秘書が私から確認があったと、その際「まかなわれている」と答えたというので、そうだったかもしれないと思う。
Q 総理大臣経験者が国会で答弁を訂正する異例の事態をどう受け止めるか。
A 答弁したものが事実と違ったことは、国会への信頼にかかわることで、私の政治責任も重いと痛感している。なので記者会見の形で説明をしているし、国会で答弁をただし、おわびしなければならないと考える。
Q 公設第1秘書に何らかの処分を下すのか。
A なぜこのようなことが起こったかだが、前日の夕食会については段取りの設定、ホテルとの交渉、立て替えの支払いなどは東京の事務所が行っていた。一方、「安倍晋三後援会」の代表は地元の公設第1秘書が行っていた。前任者が記載すべきものを記載していなかったことによって、後任の東京の責任者もそのまま放置してしまったということだった。東京の事務所と地元の事務所が連絡・連携が不十分であったことから、こうしたことが長年行われた。本来のせておけばよかったが、載せていなかったことになった。地元の第1秘書としては、もし東京から支払いについて何か言ってきてくれれば、ということだったかもしれないが、同時に開催に費用が生じていることは認識していたということであり、後援会の代表であり責任を持つ者として厳しい指摘、処分を受けたということだ。第1秘書は私の父の時代から秘書として勤め、今日まで身を粉にして私のために仕事をしてきた人物で、私も信頼してきた。今回の処分を受けて公設第1秘書を辞職した。東京の私設秘書も辞職した。
Q 補填の事実を知ったのはいつか。本当にすべての処理を秘書に任せていたのか。報告書に目を通したことはなかったのか。夕食会に関する記載がないことに疑問は持たなかったのか。
A 11月23日に報道があり、私は問いただした。それまでは私は5000円ですべてまかなっていたものと認識していた。それは載せればよかった。5千円でまかなっていたと認識していたわけで、総理の職とは全く関わりがないということになる。総理として8年間在職した中で、事務所に行ったのは1回か2回。議員会館に行ったのも1日2回以下。総理大臣の職に専念していた。そうしたものは責任者に任せている。そもそも「安倍晋三後援会」の代表は公設第1秘書であり、会計責任者は別途いるわけなので、そこで完結する。そういう認識をしていた。そもそも前日の夕食会について、どのようになっているかについて、私が目を通していたということは全くない。開催の段取りは3月ですから、国会では予算委員会が連日行われ、予算の最終局面ですからとてもそんな余裕はない。
Q 検察からの任意の事情聴取はいつ受けたか。どう説明したか
A 事情聴取については捜査について誠意を持って真実を明らかにするため協力していくと従来から申し上げた。そういう対応をしている。事情聴取を行ったかどうか、いつ、どこでは、捜査に関わるのは私が申し上げるのは適切ではないだろうと思う。
Q 結果的に真実と違う答弁になり、国民をあざむくことになった。地元の有権者にどんな思いか。先週末、地元に戻った時、支持者とどんなやりとりをしたか。
A 帰った段階では処分が終わっていないので、適切ではないと考え、お話ししていない。今回のことについては多くの地元の皆さまにご迷惑をおかけしたと思う。心苦しい思いをされた方もたくさんいると思う。検察の聴取を受けた方も大変多くいて、ご迷惑をおかけしたと思う。一国会議員に戻ったので、地域の代表としてしっかり仕事をすることで責任を果たしていきたいと考える。
Q 原資は個人名義の口座から下ろしたものか。そうなら私費が有権者に利益として渡ったことになる。
A 事務所に参りませんので、事務所にほとんどの請求書が行くことになっている。そこで支払いにおいて、政治資金から私の私的な費用を回すわけにはいかないので、あらかじめ事務所に預けている。そこには政治団体から下ろしたものも含め、日々の運営に必要な共有資金を置いてある。その中で、私のものについてはそれを使うことになっている。そこから立て替えたということ。いずれにしても利益を供与したことには当たらないというのは、検察が最終的にそう判断していると考える。
Q 秘書が載せるべきものを載せなかった理由は。
A 今の東京の責任者の前任者がおり、この職員は何年も前に高齢を理由に退職した。最初の3年間はこの職員が夕食会の支払いなどを行っていた。載せていなかったのだが、載せる最終的な責任は地元の第1秘書だが、運用をやっている東京の最初の責任者が載せるように連絡をしていなかったので、後任の東京の責任者も放置して今日に至ったと説明を聞いている。その段階で明確にすればよかったが、地元の「安倍晋三後援会」の代表が最終的に載せる責任を負うわけだが、実際に運営をしていたのは東京の事務所であり、連絡が不十分であり、また責任者が交代したこともあり、そのまま放置してしまったということ。
Q 補填を隠すなど理由があったはずだが。
A 載せるべきものを載せていれば問題なかった。東京の事務所が運用を行っていて、支払い、立て替え払いも行っていた。地元の秘書としては東京の事務所から言ってこなかったということで、載せてこないということが何年も続いたということ。しかし当該の地元の秘書も「載せるべきものがあるのではないか」という認識はあった。載せるべきものを載せていればいい。
Q 他に補填したイベントがあるのでは。
A 「桜を見る会」と別の件は問題ないと承知している。
Q 記者会見と国会の説明で責任を果たしたと考えるか。国民の納得、理解は得られるのか。
A 今日の記者会見で国民の皆様にご説明し、今までの答弁が間違っていたと明確にし、おわびしなければいけないと考えた。明日の国会では、答弁をただし、謝罪をしなければならないと考えた。それで済むと考えているかというと、そうは考えていない。本当の意味で国民の信頼を得るためにこれから努力を重ねなければいけないし、初心に立ち返り研鑽を重ねなければならないと考えている。
Q 納得できない、疑問の声などが多く上がった場合、今後も丁寧に説明するのか。
A できるかぎり、知りうる限りのことを説明している。今後も必要となればご説明したい。
Q 地元に戻って説明する予定はあるか。
A コロナで集会などが開きにくい状況がある。地元の皆さまには文書など配りたいと思う。コロナの状況、今日も東京が過去最高なので、なかなか機会つくりにくいが、可能となったら地元の皆様に詳しくお話させていただかなければと考えている。
Q ホテル側からの明細書の発行がなかったという答弁の真偽は。
A 明細書は、事務所に確かめたところ残っていないということだった。明細書を見たという記憶はない、認識がないということだった。ただ、ホテル側は明細書と請求書を渡していると、ホテル側が言っているのではないかということだが、そうであればそういうことだったのかもしれないが、事務所の者は請求書を見て、それで支払いを行ったということだった。ホテル側の認識はそうだったということで私も承知している。ホテル側の認識がそうなら、私もそうかもしれないと思っている。
Q 会見は平河クラブで人数を絞っているが、もっと広い部屋で開かれた会見であってもいいのではないか。あえてこういう会見にした理由は。
A あえてこういう会見ということではなくて、今回会見を開いて、できる限り質問に答えたいと思っている。
Q 昨年11月8日の参院予算委員会で、自ら前夜祭の会計処理に言及したのはなぜか。
A その段階で私自身は会費5000円を徴収している、それでまかなっているという認識があったので、そのようにお答えさせていただいた。
Q 法に触れる可能性は認識していなかったのか
A すべてそれでまかなっていると認識していた。なので、5000円の領収書を発行し、飲食代と書いて参加者にお渡ししていた。そこで完結しているという認識だったのでそうお答えした。
Q 国会で、ホテル側からの回答を文書で得るように求められたのに、がんとして応じなかった理由は。ホテルに確認しなかった不作為では。
A 明細書は事務所にはなかったということ。事務所の秘書が明細書を見た認識がなかったということだった。請求書に対して支払いしている。ホテル側は、公開を前提にするのであれば営業の秘密にかかわるので出せないということ。
Q ある、なしの確認をなぜしなかったのかということ。
A 明細書はホテルにはあるんです。ただ、営業の秘密があるから出せないと。明細書がないというのは、事務所には残っていないということ。確認というのは、明細書を出してもらいたいということですから、営業の秘密にかかわるので、公開するという前提で明細書を出すことはできないとお答えをしている。明細書がないということではなくて、とお答えしている。
Q 政治と金の問題で政治不信を高めた。今回の問題が内閣や自民党の支持率に与える影響をどう考えるか。
A どのように影響を与えるかは、私はお答えのしようがない。いずれにしても政治に対する信頼、我が党に対する信頼について回復すべく努力をしていきたいと思っている。
Q 配川氏は私設秘書として事務所に残るのか。
A 公設第1秘書を辞職するということであります。本日、解職届けを提出した。本人も厳しく反省をしているところ。今後どうするかについては、本人も当分の間、謹慎していきたいと考えているということ。
Q 自民党の出身派閥から復帰への期待がある。今回の問題で復帰の判断、時期に影響はあるか。
A 総理を辞職してまだ日が浅い中において復帰ということについては考えていない。こうした問題もあるので、復帰については考えていない。
Q 原資についてふに落ちない。預貯金があって事務所が補填に充てて、報告なしに補塡に流用されている。そんなことがあり得るのか。秘書が総理に報告なく可能なのか、なぜ気付かないのか。どういう仕組みか。
A 先ほどご説明させていただいたように、日々の支出が発生する。政治資金から出すべきではない、非常にプライベートに近いものについては私的に出す。私に限らず、私の妻の出費もそう。私の自宅に関わるさまざまな費用もある。下関と長門に自宅があり、そうしたものにかかる費用が発生する。宿泊費なども夏の間、たとえば休暇で休んだときの宿泊費もある。そうしたものの支出について、まとめて年に1回、一枚紙で、食費がいくら、交通費がいくらなど支出について説明があるが、それ以上のブレークダウンした説明はなかった。つまり、その中で私も了としている。総理大臣として仕事に専念している中で、さまざまなことについて、ある程度責任者に任せていかないと日々回っていかない。その中で任せていた。
Q 懇親会の費用で1人5000円の費用は、ホテル側が設定したと発言していた。事実としては誰が設定したのか。昨日付で訂正された政治資金収支報告書で、参加者から集めた総額や事務所側が補塡した支出でいいか。
A 2問目についてはその通り。1問目については、それは、ホテル側と私どもの担当者が交渉する中で、飲食費については5000円でお願いしますということで行っていた。領収書に飲食費と書き、5000円の領収書をホテルから発行していた。
Q 菅政権への影響。今回のことで、官房長官時代に結果的に事実と違う答弁をした。菅さんへの思い、気持ちは。
A このことについては、当時の菅官房長官も私が事務所から聞いた事を前提に答えるしかなかった。結果として違う答弁をすることについて、菅総理にも申し訳ないと思っている。
Q 本人に伝えたか。
A それについては電話でお伝えしております。
Q 法的責任では不起訴という一定の判断がでたが、何度も政治的責任、道義的責任とおしゃっている。この会見で一定の説明果たせたか。
A 私の知りうる限りのこと、私の認識していることについてお話をさせていただいている。私が知っていることすべてをお話しさせていただいているつもり。
Q 秘書の説明を理解した理由は。不自然な会計処理に疑問をもつことはなかったか。
A まず、5000円ですべてまかなっていたという認識は責任者に確認している。領収書を参加者に発行している。参加した人とホテルとの関係で、いわば完結していると理解していた。5000円について、後援会に入れていない。預かり金として事務としてホテルには渡している。そのように認識している。
Q 800人規模の会合で常識的に考えられない。配川氏の説明がおかしいと思わなかったか。
A 事務所が会場費を負担しているという認識は、私にはなかった。その上でホテル側と合意に基づいて、私の事務所が1人5000円を集金しているということ。ホテル名義の領収書をその場で発行し、受け付け終了後に集金したすべての現金をホテル側に渡し、ホテル側への支払いがなされたと事務所から聞いていた。
 夕食会の費用といえるのは会費だけであり、当事者は参加者個人とホテルという認識だったので、そのように答弁をさせていただいた。
Q いつから不記載が行われたか。
A 前夜祭(夕食会)については13年から。
Q 前夜祭以外での補塡は他のイベントではないか。
A (うなずく)
Q 13年からということだが、13年は「晋和会」の記載で「安倍晋三後援会」に記載はない。14年から両方とも不記載。14年に書かなくなった心当たりは。
A 3年間は、前任者が担当していた。高齢ということで、すでに退職した職員。初年度は本来は「晋和会」ではなくて「安倍晋三後援会」と記載することが正しかった。「安倍晋三後援会」と記載して、ずっと記載していれば問題がなかった。
 翌年、記載がない。その翌年も記載がなかったわけであります。この当該担当者も地検にご協力をさせていただいている。聴取を受けて説明をしている。我々は、元職員とこのことについて相談したり、話をしたり、報告受けたりしないように言われている。今日まで接触をしていない。どうしてそうだったかはわからない。前任者がしていなかったがために後任の責任者が、その後の担当者も放置をしてしまった。
Q 昨年の臨時国会、通常国会の答弁で、事務所を通じてホテルに確認したところ、補塡の事実はなかったと述べている。事務所の確認が不十分だったという指摘がある。本人が確認が現実的ではないまでも、ほかの秘書に確認を指示すべきではなかったか。確認は十分だったか
A 十分だったかどうかについては、私も忸怩たる思いがある。私の確認の仕方が、いわば「5000円ですべてまかなっていたんだね」という確認の仕方だった。本人は「そうです」と。今まで記載をしていなかったということがあったので、事実でないことを答えてしまった。
 最初から、5000円でまかなえていないという前提に、ただしていればそうでなかったかもしれないという思いはある。何度か確認した。結果、ホテルに私から直接確認しようがない。ホテルに確認しろといっても、その人物が責任をもってやりとりをしている。立て替えもしている。それは意味のないことだったと思う。
Q 桜を見る会では参加者の名簿がないという説明だった。再調査は。
A もう政府の長ではない。再調査を命じる立場にはない。
Q 受け入れる考えは。
A いや、そもそも私が再調査を命じる立場にない。本会におきましては、私や当時の官房長官が答弁していた通り。
Q 晋和会の13年に82万円、38万円を支出している。これは補塡の一部なのか。
A それは今、そのときの事実も、実はそうであったというのも調査があってわかったこと。当該責任者が検察側から指摘されて、その事実を知った。13年については。それまで誰も知らなかった。前任者から十分に引き継いでいなかった。不十分であった。お答えのしようがない。
Q わからないということか。
A ですから13年について晋和会ではなくて、安倍晋三後援会とすべきところを、晋和会で計上していた。
Q 前夜祭のお金なんですね。
A それはそういうこと。想像でございます。

関連キーワード

PR情報

政治の新着

記事一覧