東京のコロナ感染者にイギリスからの帰国者 30代の日本人男性、変異種か確認へ

2020年12月24日 23時03分
東京都庁

東京都庁

 東京都は24日に確認した過去最多となる888人の新型コロナウイルス感染者のうち1人が、英国から帰国した30代の日本人男性だったことを明らかにした。英国では感染力が強い変異種が確認されていることから、都は国に情報提供を行った。今後男性が変異種に感染したかどうかを調査する見通しだ。
 都によると、男性は英国のロンドンに滞在した後、16日に帰国。21日に発症し、せきなどの症状があったため医療機関を受診し、陽性が判明した。いつ日本を出国したかや帰国後の行動、空港での検査などは確認中という。
 都の担当者は今後の見通しについて「英国から帰ってきた人が感染したので、国にも情報提供した。連携してどう対応するかを進めている。おそらく(変異種かどうかを確認する)対応になるのでは」と説明。「都の中で調査、分析まではできないのではないか。やるとしたら、国の協力を得てということになると思う」と見通しを語った。

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧