鶏卵大手アキタフーズ、吉川元農相のパーティー券を社員に分散して上限超の300万円分購入か

2020年12月27日 03時00分

吉川貴盛元農相

 自民党衆院議員だった吉川貴盛元農相(70)が鶏卵生産大手「アキタフーズ」(広島県福山市)の元代表(87)から農相在任中に現金500万円を受け取ったとされる疑惑で、アキタ社が吉川氏の政治資金パーティーの際、複数の社員名で分散してパーティー券を買ったように装い、法定の上限を超える約300万円分を購入していた疑いがあることが関係者への取材で分かった。

◆元代表が偽装主導か

 東京地検特捜部は、法に触れないよう元代表が偽装を主導したとみている。
 特捜部は25日、収賄容疑のほか政治資金規正法違反の疑いで、衆院議員会館の事務所や札幌市の地元事務所を家宅捜索。押収資料の分析を進めている。

◆150万円超は禁止だが20万円以下は…

 政治資金規正法は、1回のパーティーで個人や団体が150万円分を超えパーティー券を購入することを禁じる一方、20万円以下の購入だった場合は氏名などの公開は求めていない。
 関係者によると、吉川氏の政治団体が2019年に開いたパーティーで、アキタ社は会社の費用から約300万円分のパーティー券を購入したが、複数の社員が買ったように処理されている疑いがあるという。
 吉川氏関連の政治団体の政治資金収支報告書に、アキタ社の記載はなかった。

◆大臣室で500万円

 吉川氏は農相を務めた18年10月~19年9月、元代表から大臣室などで計500万円を受け取った疑いが持たれている。吉川氏は任意の事情聴取に対し、現金を受け取ったことは認めつつ、賄賂性は否認しているとされる。
 アキタ社は本紙の取材に「担当者が不在で答えられない」としている。

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧