秩父黄金かぼす PR資金集まる CFの目標額達成

2020年12月27日 07時00分

クラウドファンディングで募っていた寄付が目標額をクリアし全国発送された秩父黄金かぼす=小鹿野町役場で

 埼玉県小鹿野町で親しまれている「秩父黄金かぼす」のブランド力アップを図ろうと、生産者や飲食店などでつくる「黄金のかぼす祭実行委員会」が行ったクラウドファンディング(CF)の寄付が百九万四百円に達し、目標額の八十万円をクリアした。実行委の担当者は「弾みがついた。今後もアピールしていきたい」と話している。
 CFは、全国発送に必要な資金などを募るため、十一月六日〜十二月十三日に実施。一、二、五、十キロの詰め合わせの中から選べるようにした。価格は一キロ四千円からで、首都圏を中心に百二十七人から寄付があり、二十一日に発送作業を行った。
 実行委事務局の町産業振興課職員小菅旭央さん(28)は、反響に手応えを感じた様子で「ネット販売のほか、ふるさと納税の返礼品としても活用して、さらにPRしていきたい」と話した。
 町では来月十七日まで、十八店舗が黄金かぼすを使った料理を提供する「黄金のかぼす祭」が開かれている。 (久間木聡)

関連キーワード


おすすめ情報

埼玉の新着

記事一覧