<コロナと生きる@いばらき>感染拡大市町村 常総市と城里町を指定 来月5日まで 時短営業は要請せず

2020年12月27日 07時02分
 県は二十六日、新型コロナウイルスの感染が広がっているとして、常総市と城里町を「感染拡大市町村」に指定し、二十七日から来年一月五日までの十日間、不要不急の外出自粛を要請すると発表した。大井川和彦知事が県庁で記者会見し、明らかにした。 (松村真一郎)
 大井川知事は「飲食店での外食が感染拡大の契機になっているわけではないようなので、営業時間短縮はお願いしない」と話し、今回の二市町については外出自粛のみを要請するとした。
 感染拡大市町村は、人口一万人当たりの直近一週間平均の新規感染者数が一・五人を超えた市町村。県はこれまで十三市町を指定、外出自粛のほか、酒の提供や接待を伴う飲食店の営業時間短縮を要請してきたが、感染が落ち着いたとして、今月二十日までに全市町で解除した。
 常総市は、三〜十三日に指定されており、今回で二度目の指定となる。
 また、年末年始について、県外からの帰省の際に、休暇の分散取得を活用することや、大みそかや初日の出などに出掛ける時は、個人で感染症対策を徹底するよう呼び掛けた。
 大井川知事は「年末年始を迎え、短期間で感染が拡大することが全国的に懸念されている。県内の感染状況は落ち着いてきているが、引き続き警戒をお願いしたい」と述べた。

関連キーワード

PR情報

茨城の新着

記事一覧