河井元法相や吉川元農相、政治資金パーティー券の購入者偽装か アキタフーズ関係者「グループ社使った」

2020年12月27日 09時35分
河井克行元法相(左)、吉川貴盛元農相

河井克行元法相(左)、吉川貴盛元農相

  • 河井克行元法相(左)、吉川貴盛元農相
 鶏卵生産大手「アキタフーズ」(広島県福山市)グループの元代表(87)から現金計500万円を受領したとされる吉川貴盛元農相(70)や、元法相の衆院議員河井克行被告(57)=公選法違反罪で公判中=の政治資金パーティーを巡り、パー券の購入者が偽装されていた可能性があることが26日、関係者への取材で分かった。
 政治資金規正法では、1回で20万円を超すパー券を購入した人の氏名などを政治資金収支報告書に記載する必要がある。アキタ社関係者は取材に、河井被告側のパー券について「20万円を超えると名前が出るので、グループ会社7社を使っていた」などと証言した。
 多額のパー券を購入したアキタ社を収支報告書に登場させなかったり、金額を減らしたりするためだった疑いがある。東京地検特捜部は吉川氏の収賄容疑に加え、本人名義以外での購入を禁じた規正法に抵触する可能性があるとみて、広島地検と共に吉川氏側や河井被告側の認識などを調べているもようだ。
(共同)

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧