<新型コロナ>神奈川県で343人感染、1人が死亡 病院・老人ホームなどでクラスター

2020年12月27日 18時46分

神奈川県庁

 神奈川県内で27日、新型コロナウイルスに感染した1人の死亡と、343人の感染が明らかになった。うち187人が感染経路不明。県や、横浜、川崎など5市の保健当局が発表した。
 川崎市によると、死亡したのは高津区の80代女性。クラスター(感染者集団)が発生した同区の有料老人ホームの入居者で、今月2日に陽性が判明後、市内の病院に入院していた。
 また、幼稚園児~80代の男女42人の感染を発表。クラスターが起きた市南部の病院で新たに40~80代の入院患者4人が陽性となり、この病院の感染者は計28人となった。
 横浜市は196人の感染を発表。元気会横浜病院(緑区)では職員と患者合わせて12人の感染が分かり、クラスターは45人となった。市内の2つの大学の運動部でも9人と1人の学生の感染が確認され、累計の感染者はそれぞれ22人と28人に。他にクラスターが発生している有料老人ホームで8人、介護老人保健施設で1人の感染が判明し、感染者はそれぞれ計36人、計11人となった。
 藤沢市は11人の感染を発表。うち30代女性は市民病院に勤める看護師で、感染経路は不明。病院によると、21日に同じ病棟に所属する別の女性看護師の感染が判明した直後の検査では陰性で、その後に発症した。2人の間に明らかな接触は確認されていないという。10代の男子大学生は住んでいる東京都内の寮内で感染者が出たため、無症状ながら自ら希望して検査を受け、陽性となった。
 県は未就学児~80代の55人、相模原市は20~90代の16人、横須賀市は10~60代の23人の感染を発表した。

PR情報

神奈川の新着

記事一覧