来年1月の元慰安婦訴訟判決 「日本政府が敗訴なら日韓関係は破綻」 韓国の李元徳国民大教授

2020年12月28日 05時55分
ソウルで18日、日韓関係の展望を語る李元徳教授

ソウルで18日、日韓関係の展望を語る李元徳教授

 冷え込んだままの日韓関係。懸案である元徴用工訴訟では、被告企業の資産を現金化する手続きが進む。一方で、韓国政府は相次いで高官らを日本に送り、関係改善を模索する動きも出ている。今後の展望を、日韓関係が専門の李元徳・国民大日本学科教授に聞いた。(聞き手・中村彰宏、写真も)

◆北朝鮮問題の進展には日本との関係改善が必要

 ―韓国政府が関係改善に乗り出している。
 11月に朴智元国家情報院長と韓日議員連盟の金振杓会長が訪日して菅首相と会ったが、日韓関係を改善したいという文在寅大統領の意志の表れだ。文大統領は、日韓の先に南北関係を見据えている。バイデン米政権の誕生も踏まえ、東京五輪を契機に朝鮮半島平和プロセスを再稼働させたい思惑だが、そのためには日本との関係改善が不可欠だと考えた。
 ―元徴用工訴訟の解決策はまだ見えていない。
 韓国政府や韓国企業が基金をつくるなどして賠償金を一時的に立て替えて支払い、日本側に対して求償権を行使して立て替え分を請求する形が1番いい。韓国政府にとっても、判決を履行したという名分が立つ。日本企業がすぐに支払うとは思えないが、そこは外交で交渉する。

◆日本も元徴用工訴訟の解決に協力を

 ―原告の同意が必要では。
 韓国政府は、被害者中心主義、司法に介入できないなど、原則論を強く言いすぎている。この問題は性質上は韓国国内の問題。韓国政府が原告を説得しないといけない。ただ、日本も解決に向けた環境づくりで協力してほしい。
 ―今後の見通しは。
 4月にソウル、釜山で市長選があり、日本は東京五輪を控える。その後は文大統領の任期も迫る。春までに元徴用工訴訟から解決を図るべきだ。延期になっている日中韓3カ国の首脳会談を1月か2月に開催して、そこで日韓首脳会談もする。元徴用工訴訟で解決の道筋をつければ、東京五輪を契機とした南北や日朝、米朝の問題の進展も図ることができる。いずれにしても、まずは元徴用工訴訟で日韓首脳の決断が必要だ。

◆「バイデン米次期政権は日米韓の関係を重視」

 ―バイデン政権は日韓の問題にどう関わる。
 自国中心主義のトランプ政権とは違い、日米韓の同盟関係を重視する。オバマ政権時の2015年に日韓の慰安婦合意があったが、その裏では米国からの圧力があった。対中国戦略の上でも、バイデン政権は日韓関係を放置しておくことはしないだろう。
 ―来年1月には日本政府を相手取った元慰安婦訴訟で1審判決が出る。
 日本が主張する国家は外国での裁判を免除されるという主権免除は、国際秩序を守るためには必須の要素だ。元徴用工訴訟で予想外の判決が出たため、日本では心配する見方もあるが、国際的な常識から考えれば日本政府が敗訴する可能性はないのではないか。万一、敗訴するようなことになれば日韓関係は破綻してしまう。

関連キーワード

PR情報

国際の新着

記事一覧