東京五輪 医療従事者に手当や協力金 コロナ対策、原則無償から一転して方針転換

2020年12月29日 05時50分
お台場海浜公園内の水上に運び込まれる五輪マークのモニュメント (12月1日)

お台場海浜公園内の水上に運び込まれる五輪マークのモニュメント (12月1日)

 東京五輪・パラリンピックの新型コロナウイルス対策に関し、政府や大会組織委員会は、選手村や競技会場で活動する医師や看護師への手当や、派遣元である医療機関への協力金を支給する方針を固めた。当初は原則として無償で協力要請する計画だったが、コロナの感染拡大を受け、負担が増す医療現場や世論の理解を得るため方針転換。財政措置が不可欠と判断した。複数の大会関係者が28日、明らかにした。
 大会経費に関する4日の政府と東京都、組織委の合意では、コロナ対策費として960億円を計上。このうち検査体制の整備などで国が負担する160億円の枠内で、協力金や手当を賄う方針だ。
 これと別に、海外選手らと交流するホストタウンの対策経費として2020年度第3次補正予算で127億円を確保しており、交流事業に際して必要となる各地の自治体での検査費用や、保健所スタッフの人件費も国が負担する。
 政府や組織委は支給額や支払い方法など、具体的な支援策の検討に入っており、感染状況を見極めながら、医師会や看護協会といった関係機関に協力を要請する見通し。(共同)

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧