【独自】ロフトの壁に包丁の傷 女児と女性を執拗に襲ったか 世田谷一家殺害事件20年

2020年12月29日 06時00分

泰子さんと、にいなさんのベッドがあるロフトに続く梯子と、みきおさんが倒れていた一階の踊り場(右下)

 2000年12月、東京都世田谷区の宮沢みきおさん=当時(44)=一家4人が自宅で殺害された事件で、妻泰子さん=同(41)=と長女にいなさん=同(8つ)=が襲われたロフト上部の壁に、犯人が凶器の柳刃包丁を振りかざした際にできた傷が残っていたことが、捜査関係者への取材で分かった。2人は就寝中に抵抗できずに殺害されたとみられている。警視庁の捜査幹部は「幼い女児と女性を執拗に襲った犯人の猟奇性がうかがえる」と話す。(奥村圭吾、天田優里)

◆ベッド上部付近に痕跡

発生から20年となる世田谷一家殺人事件の現場家屋=東京都世田谷区上祖師谷で、本社ヘリ「おおづる」から

 捜査関係者によると、ロフトには、にいなさんが泰子さんと寝るためのダブル幅のベッドが置かれていた。柳刃包丁(刃渡り21センチ)は先端が折れた状態で使われており、ベッドの上部付近に突き刺さった痕跡があった。ロフトの床には、犯行中さらに折れたとみられる刃の中間部分が落ちていた。
 使用されたこの包丁は2階台所で見つかった。
 包丁は00年6月に福井県で1500丁製作された「関孫六 銀寿」。関東地区の大手スーパーなど46店舗で1丁3500円前後で販売されていたことが判明している。
 事件当時、2人の遺体はロフトに続くはしごの真下でうつぶせの状態で見つかった。ロフトでめった刺しに襲われた際、はしごから落ちたとみられる。

◆殺害後、異常な行動も

礼ちゃんが下段で寝ていた二段ベッド

 犯行時間帯は同年12月30日午後11時ごろ~同31日未明。犯人は1階から外壁の配管をよじ登り、中2階の浴室の窓から侵入。中2階にある子ども部屋の2段ベッドの下段で長男礼ちゃん=同(6つ)=を窒息死させた後、1階でみきおさんを柳刃包丁で刺殺。その後に同じ包丁で泰子さんら2人を刺殺した可能性が高い。
 礼ちゃん以外の3人の死因は首などを刺されたことによる失血死。礼ちゃんだけ背後から布団に顔を押し付けられ窒息させられたとみられる。
 犯人は殺害後も現場に居座り、冷蔵庫のアイスクリームをスプーンを使わずに絞り出して食べ、みきおさんのパソコンで劇団のホームページを検索していた。書斎などの引き出しの中身を片っ端から物色し、空の財布やはさみで切った書類を水の張った浴槽に入れるなどの「異常な行動」も認められた。

◆物証多く、初動捜査おろそかに

世田谷一家殺人事件で、現場に残されていたマフラーとヒップバッグのレプリカ(手前)

 現場には犯人のA型の血痕や指紋、脱ぎ捨てられたジャンパーやマフラーなど多くの遺留品が残されていた。現代の犯罪捜査を支えるDNA型も数年後に血痕から特定され、多くの物証が残っていたことが、捜査に「油断」をもたらしたとされる。
 ある捜査幹部は「現場から指紋が検出された。『1人でも多くの指紋を取って照合すれば、すぐに事件は解決する』と関係者の聞き込み捜査がおろそかになった」と初動捜査への後悔を語る。
 捜査本部は、昨年ごろから、現場に残された犯人の衣類やヒップバッグなどについて販売元を重点的に再捜査。購入先として京王線調布駅や聖蹟桜ケ丘駅周辺など捜査を都西部に広げている。

世田谷一家4人殺害事件 2000年12月31日午前、東京都世田谷区上祖師谷の会社員宮沢みきおさん宅で、宮沢さんと妻泰子さん、長女にいなさん、長男礼ちゃんが殺されているのが見つかった。警視庁成城署捜査本部は延べ約28万人を投入し、強盗殺人事件として捜査を続けている。犯人はA型で身長170センチ前後の比較的若い男とみられる。凶器の柳刃包丁「関孫六銀寿」や大手カジュアル衣料品メーカー「ユニクロ」製の黒いジャンパーなど約10点を現場2階の居間などに残して逃走。採取した指紋約5000万件、DNA型も約100万件以上と照合したが一致していない。情報提供は捜査本部=電03(3482)3829=へ。

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧