不妊治療で女性の6人に1人が離職 非正規、リスクより高く 順大チーム調査

2020年12月29日 11時30分
順天堂大学のホームページ

順天堂大学のホームページ

 不妊治療を始めた女性の約6人に1人となる16・7%が離職していることが28日、順天堂大などの研究チームの調査で分かった。職場のサポートがなかったり非正規で働いていたりすると離職リスクがさらに高まることも判明。チームは「治療費助成拡充だけでなく、休暇制度やフレックスタイム制度など職場での働き方改革が重要だ」としている。
 調査は2018年8~12月、全国4カ所の不妊治療専門病院に来院した女性1727人を対象に実施した。治療開始時に働いていて仕事との両立が困難だと感じていた女性は1075人。このうち治療を始めてから179人(16・7%)が離職していた。
 離職に影響を与える要因を分析すると、不妊治療中のサポートがない職場で働く女性の方が、サポートがある女性よりも離職するリスクが1・91倍高かった。雇用形態では非正規社員の方が正社員に比べて2・65倍。学歴では、大卒未満の女性の方が大卒以上の女性よりも1・58倍高かった。(共同)

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧