<新型コロナ>栃木県で過去最多83人が新規感染 県は「特定警戒」に引き上げ1月11日まで不要不急の外出自粛を要請

2020年12月30日 09時27分
栃木県庁

栃木県庁

  • 栃木県庁
 栃木県と宇都宮市は二十九日、八十三人の新型コロナウイルス感染を発表した。一日の感染者発表数で過去最多。県内の感染確認は計千三百四十九人になった。
 県と宇都宮市によると、鹿沼市三十七人、宇都宮市二十一人、小山市七人、那須塩原市、高根沢町各三人、足利市、栃木市、那珂川町各二人、那須烏山市、矢板市、真岡市、さくら市、上三川町、東京都各一人。鹿沼市の鹿沼病院の患者三十五人と職員四人が含まれているといい、県は同病院でクラスター(感染者集団)が発生したと判断した。
 県は同日の新型コロナウイルス感染症対策本部会議で、医療提供体制の機能不全を招く危険性が高いなどとして警戒度レベルを「特定警戒」に引き上げることを決めた。三十日から来月十一日まで不要不急の外出自粛を県民に要請する。

関連キーワード

PR情報

栃木の新着

記事一覧