東北6県、巡るスタンプラリー 中央線で来月12日から

2020年12月31日 07時06分
 東日本大震災から来年で十年になるのに合わせ、JR東日本八王子支社は来年一月十二日から、中央線沿線で東北六県のスタンプ=写真、同支社提供=を集めるスタンプラリーを開く。同月三十一日まで。
 JR六社は来年四月〜九月、東北六県の自治体などと観光振興を図る「東北デスティネーションキャンペーン」を開く予定。八王子支社は、これに先駆けて東北への関心を高めてもらう目的でスタンプラリーを企画した。
 三鷹、武蔵小金井、国分寺、立川、八王子、高尾の六駅に、福島、青森、山形、岩手、秋田、宮城の六県をイメージしたスタンプをそれぞれ設置した。スタンプには、福島「わらじまつり」、青森「ねぶた祭」といった各県の祭りのほか、各県を通過する新幹線をデザインした。
 スタンプラリーの台紙は、中央線各駅で配布。四駅以上のスタンプを集めると、八王子駅で記念品が贈られる。 (布施谷航)

関連キーワード


おすすめ情報

東京の新着

記事一覧