<新型コロナ>神奈川県で新たに838人感染 2日連続で最多更新 横浜刑務所、川崎市内の病院などあちこちでクラスター

2021年1月8日 20時09分
 神奈川県内で8日、新型コロナウイルスに感染した70代~90代の男女7人の死亡と、838人の新規感染が明らかになった。2日連続で過去最多を更新し、7日の679人を大きく上回った。このうち519人が感染経路不明。県や、横浜、川崎など6市の保健当局が発表した。
 横浜市は90代女性2人の死亡と244人の感染を発表した。感染者のうち、男性2人は横浜刑務所(港南区)の被収容者。市は職員と合わせて計7人の感染を確認し、クラスター(感染者集団)と認定した。刑務所によると、所内ではこれまでに被収容者がもう1人感染しているという。
 このほか、横浜旭中央総合病院(旭区)、市内の有料老人ホーム、元気会横浜病院(緑区)でそれぞれ1、1、4人の感染が分かり、クラスターは7、39、86人となった。
 川崎市は80代~90代の男女4人の死亡を発表した。このうち川崎区の90代男性は8日までに計28人のクラスターが起きた同区の高齢者介護施設の入居者。先月24日に陽性が判明し、7日に肺炎で亡くなった。
 また未就学児から90代までの男女223人の感染を発表。1日当たりの発表数としては2日続けて最多を更新した。
 市北部の病院に入院していた90代女性と80代男性の陽性が判明。この病院の感染者は計5人でクラスターと認定された。麻生区の有料老人ホームで県発表も含め、介護士と入居者計9人の感染も分かり、この施設のクラスターは計14人になった。クラスターが起きた市南部の2つの病院でも新たに入院患者らが陽性。感染者数は計37人、計10人になった。
 県は三浦市の70代女性が7日にコロナ感染症で亡くなったと発表した。女性は先月10日、下痢などの症状が出て陽性が判明。その後、呼吸困難の症状が出たという。基礎疾患はなかった。
 県発表の新規感染者は211人。愛光病院(厚木市)で新たに職員と入院患者計5人が感染し、クラスターは100人になった。クラスター発生の別の病院でも新たに職員1人が感染。感染者は23人となり、県はこの病院がオアシス湘南病院(海老名市)だと明らかにした。また、平塚保健福祉事務所管内の高齢者福祉施設利用者4人が感染し、感染者が計10人となりクラスターと認定した。
 ほかに、箱根町立学校の30代男性職員、県立藤沢養護学校(藤沢市)の20代女性教員も感染した。
 相模原市は42人の感染を発表した。クラスターが発生した南区の高齢者グループホームで職員4人と入所者1人の感染が判明し、感染者は計19人となった。
 横須賀市は過去最多の42人の感染を発表した。50代の女性看護助手は市立市民病院の感染症病棟で勤務。40代と50代の男性2人は米海軍横須賀基地の従業員。
 藤沢市は過去最多だった前日と同数の41人の感染を発表した。市内にある2カ所の認可保育所でそれぞれ園児と職員の感染が判明し、いずれも8~9日、臨時休園とし、対象者の検査を進める。
 茅ケ崎市は35人の感染を発表した。うち17人は家族間で感染したとみられる。40代女性は会食した友人の感染が判明している。

神奈川県庁

PR情報

神奈川の新着

記事一覧