東京はホストシティだから…小池知事、五輪開催に意欲 緊急事態宣言初日に改めて

2021年1月8日 21時18分
会見する小池百合子知事=7日、都庁で

会見する小池百合子知事=7日、都庁で

 緊急事態宣言期間の初日となった8日、東京都の小池百合子知事は定例会見を開き、東京五輪・パラリンピックについて、「東京はホストシティであります。準備を粛々と進めていくことに変わりは無い」と開催への意欲をみせた。
 この日、都内では新型コロナウイルスの感染者が新たに2392人確認され、2日連続で新規感染者が2000人台となるなど厳しい状況が続く。小池知事は「今後どのような形で進めていくのかについては、組織委員会やIOCなどと連携しながら、どのような形が1番良いのか、工夫しながら考えて実行していきたい」と述べた。
 記者から「感染状況の悪化で再延期や中止を求める声があるが観客をどうするかとか、現時点の考えは」などと質問を受けたのに応えた。
 菅義偉首相は7日の会見で、東京五輪・パラについて「感染対策を万全にして安全安心な大会を実現したい」と強調し、ワクチンの接種が世界で始まっていることから、「国民の雰囲気も変わってくるのではないか」と述べていた。

関連キーワード


おすすめ情報